*

かた21動物病院

人とペットの良好な関係を願う

コメント集

6月のショートコメント


今月のショートコメント 6月(6月1日更新)
  
1、[  犬の心臓病 は、生れた季節に関係あり?  ]
興味ある論文が発表されました。 イギリスの「サイエンテイフィック・レポート」と言う科学雑誌に、「犬の心臓病及び動脈の疾患とその犬の生れた月」で心臓病の発生リスクが大いに異なることが分かりました。
「夏季に生まれた犬は、冬に生まれた犬より、心臓病にかかりやすい」と言う事です。7月生まれの犬は、1月生まれの犬より74%発症リスクが高い、との発表が在りました。
すぐ、かた21動物病院で「心臓病の治療を受けている犬の、生れた月を確認」しています。面白い。
と言う事は、ペットショップから子犬を買う時期は、3月後半から4月の「春先に買うべし!」。 しかし、この話昔からあったよね。
 
2、[ 犬のフィラリア症予防 ] を、早く開始してください。
犬のフィラリア症の治療には、体重にもよりますが、15~18万円ぐらいかかっています。しかし、指示通りの予防を実施していれば、ほぼ予防ができるのです。
フィラリヤ症予防は、福岡市では4月後半~12月後半(クリスマス頃)まで、毎月一回の内服、または年一回の注射で予防します。忘れないでください。
今年のスタートは、少し早まります。「かた21の日」には「内服薬;イベルメックDSPは、2割引きの日」。(今月の特典参照)
 
3、[ ノミ・ダニ予防 ] も、忘れないでね。
ノミダニ予防は、重要な予防の一つです。ワンもニャンも、お散歩に出かけると、すぐにノミやダニが飛びついてきます。「毎月のノミ・ダニ予防」を忘れないようにしてください。
ある調査で、ノミの成虫が5匹いたらあなたのお部屋でその卵が50個、その卵からかえった幼虫が35匹、サナギが10匹いる事になる。合計で95匹の予備軍があなたのお家にいるとの事。
ノミは、知らない間にあなたのそばで繁殖している嫌われ者です。「かた21(ニヤン・ワン)の日」には「フィプロスポット+は、2割引きの日」(今月の特典参照) 
 
3、[ メダカの銀行福岡支店 ] では、繁殖池でメダカが産卵開始。
メダカが産卵を開始しています。稚魚が泳ぎ始めています。かわいいものです。日々餌をやり、「頑張れよ!」と声をかけております。
 
4、「 ウエルカムフラワー 」 パンジー から 日々草 へ。
病院の前に植えてある「ウエルカムフラワー」が、冬のパンジーから夏の日日草(合計27株)に変更いたしました。
10月いっぱいぐらいまで、きれいに咲いていただく予定です。
 
5、[ シーカヤックで遊ぼう ] 宮古島に到着です。暑いです。(2018年6月1日現在:15,400km漕波、更新中)
5月も天候に恵まれませんでした。波が高かったり、風が強かったり、雨がに降られたり、病院の仕事が有ったりで、5月は出艇2回、合計33kmでした
それでも何とか第一デイストリクト400kmクリアーし「宮古島に到着いたしました」。ちょうどその次の日の新聞に、宮古島の旅行案内が出ていました。もう30年以上行っておりません。
旅行案内を見て行ったつもりです。
「相棒犬C・J君」も、もちろん同乗船しております。ライフジャケットは黄色(春物)に変わっています。
昨年の5月17日には、クジラに遭遇しました。去年クジラがいた海峡まで行ってみましたが、出会いませんでした。
「おお~いクジラ、今年は来ないのか?」と、言ってやりました。しかし、本当に出会ったら「またビックリ」です。
 
5、、[ スカラーシップ(奨学)支援金 ]
 
かた21動物病院の収益金の一部を、発展途上国の子供に、教育のチャンスを与える教育支援奨学金として助成しています。かた先生は、若い頃に発展途上国を含む国々で仕事をし、その経験を通じて、多くの実際を学習させて頂きました。自分の子供たちも無事に一人前に独立させる事ができましたので、小さな恩返しです。その国には、学校に行きたいけれど経済的理由でその事が叶わない子供たちがいます。大した事はできませんが、一人でも多くの子供たちに教育を受けるチャンスを与えたい。教育支援は、すぐに結果が出るものではありません。継続的に教育支援をして、その支援を受けた子供の・子供の・そのまた孫の子供の時代には、「私が支援する子供達の背景とは、少し違った良い状態が生まれてくれれば嬉しい」と、ヒソカに期待しているのです。