*

かた21動物病院

人とペットの良好な関係を願う

コメント集

1月のショートコメント


今月のショートコメント( 1 月)
 
1、お正月1・2・3日の診療時間のお電話受付。
 
あけまして おめでとうございます。
当院は、毎年のように休まずに診療をしておりました。 その間に診療以来のお電話が「犬猫で7件、ウサギやハムスターで8件」ありました。 また、「ホテル・預り6件(介護必要犬16歳1頭)」ありました。それなりに忙しかったです。多少は「人のお役に立った」んだと自賛しております。 初詣は、「1月9日(水)」の休みに行く予定です。
 
2、 受付の干支飾り。
 
病院の受付の「干支飾り」が、犬から「猪と招きうりぼう」に代わっております。 一年お世話になります。
 
3、 病院のビルが「外壁工事です」。
 
ビルが「外壁工事です」。 2月中頃までかかります。 来院時には「櫓に頭をぶつけない様に」ご注意してください。
 
4、トピックス(2018年10月22日付)。
 チョコレート色のラブラドールは、他の色のラブより「1 歳短命」。
 オーストラリアとイギリスの共同研究で、33,000頭を調べた結果・・・・・。
チョコレイト色のラブラドール犬の平均生存年齢は、   10,7 歳。
他の色(黒と黄色)のラブラドール犬の平均生存年齢は、 12 歳 だった。
・・・・ チョコ・ラブは、1歳ほど寿命が短い。
 
5、「シーカヤックで遊ぼう」、この冬中断。
 趣味は海でシーカヤックを漕ぐことです。新しいチャレンジ(台北⇒福岡:1,600km)で514km進み、後1,086km漕がなければなりません。(詳細は「シーカヤックで遊ぼう」を参照)
10月3日(水)、20年ぶりに相棒犬C・J君と共に海に落ち「低体温症⇒風邪ひき⇒血圧不安定」となり、11月中旬まで「体調不良」が続きました。その間、禁酒もしていました。それがつらかったです。しかし、日頃の善行のおかげで、無事に今ではお酒も楽しめる「平常の体調」回復しました。しかし、体調不良時の症状から、命にかかわるので念のために「冬場はシーカヤックを漕ぐこと」を中断します 。まだもう少し「奨学生達の為」にも、仕事を続けなければなりません。もちろん、C・J君はいたって元気です。
10月は、出艇1回、10月16日の漕波距離は16km、合計514km/残り距離1,086km。
 
6、奨学支援金。元気な笑顔の写真が来ました。
 今年も支援奨学生(7名)から、成長の記録写真が届いています。昨年度に送られてきた写真は、全員「緊張顔」の写真でしたので、お誕生日プレゼントと一緒にいれたお手紙で、「次の写真は、笑顔で!」と書いて送りました。今年の写真は、全員笑顔でした。もっともよい笑顔は「タイのPHONGちゃん」の写真でした。今年のニューイヤーズ・ギフトは、「ソフトバレーボール2個とポンプ、飴玉5袋、図画の道具」を送りました。もうすぐ全員に着きます。今、かた21動物病院の支援奨学生は、タイに2名・べトナムに2名・ラオスに3名、合計7名います。未来に希望を託します。

かた21動物病院の収益金の一部を、発展途上国の子供に、教育のチャンスを与える教育支援奨学金として助成しています。かた先生は、若い頃に発展途上国を含む国々で仕事をし、その経験を通じて、多くの実際を学習させて頂きました。自分の子供たちも無事に一人前に独立させる事ができましたので、小さな恩返しです。その国には、学校に行きたいけれど経済的理由でその事が叶わない子供たちがいます。大した事はできませんが、一人でも多くの子供たちに教育を受けるチャンスを与えたい。教育支援は、すぐに結果が出るものではありません。継続的に教育支援をして、その支援を受けた子供の・子供の・そのまた孫の子供の時代には、「私が支援する子供達の背景とは、少し違った良い状態が生まれてくれれば嬉しい」と、ヒソカに期待しているのです。