*

かた21動物病院

人とペットの良好な関係を願う

質問箱

いいウンコってどんなウンコ?~くだらない話?くだる話? Q108002

良いウンコ、悪いウンコのお話

すみませんウンコの話で申し訳ございませんが判らなくなったのです。良いウンコとはどんなウンコですか?人に聞いて良いフードというのをいくつか買って試してみたのですが、その度にウンコ状態が違うのです。色も硬さも量もです。もちろんニオイも違います。無添加のフードもダイエットフードも与えましたがウンコの状況が安定しません。私はお腹の調子が安定していることが重要と思っています。ウンコの調子などという「クダラナイ話」ですがよろしくお願いいたします。

久留米市ユーちゃん(パグ1才)のパパ

ウンウン。私もウンコ・オシッコの話は大好きです。動物病院では元気・食欲・ウンコ・オシッコという話がいつでも飛び交ってます。どうぞご心配なく。 ところでクダラナイ話というのはおなかがくだらないつまりウンコが出ないという便秘の話でしょうか?するとその反対のクダル話とはウンコの調子が悪い下痢の話でしょうか?こう考えるとあなたのご質問は「クダラナイ話」とおっしゃっていますので、「フードをいろいろ変更したがいつもウンコがでにくく便秘になるのです。どういうフードを使ったらウンコが良くでるのか?」という質問になりますが?たぶん違うでしょうね。くだる、くだらないの話ではなく良いウンコ、悪いウンコとは?ですよね。私はこの問題をウ~ンと深く研究いたしましたので今日のように糞の状況に関してウンチクを述べることができます。

さて、「良いウンコの条件」です。

  1. 硬さ
    手でつまむと地面に少し湿気は残るがウンコは地面に付かず、残らず、つかみ取れる硬さ。(地面に残らない。散歩で重要)
  2. 臭さ
    ニオイが一定で少ない。(臭わない。室内飼いで重要)
  3. 糞切れ
    排泄時にお尻にのこらない。(糞切れが良い。衛生管理上重要)

  4. 糞量が少ない。(量が少ない。大型犬ではチョット重要)

この四つが重要ポイントでしょうか?
あなたの今お使いのフードはこの条件を満たしていますか?
まず初めに申して起きますがフードと言うものはそんなにやたらと変える物ではありません。その理由については別の機会にお話いたします。
当然のこととしてウンコの状況は与える食べ物によって変化します。その典型的な変化はウンコの色です。しかし色についてはそれはど気にすることではありません。また糞の量もそのフードが設計される目的によって違ってきます。体重減量用フードは少量でも満腹感を与えられるように嵩(かさ・・体積や容積のこと)があり繊維分が多く配合設計されていますので、その結果としてウンコの量が多くなります。
これはこれでそういう目的で造られていますのでそのことを了解しておかねばなりません。そのかわりしっかりした充実感のあるウンコが出ます。ウンコの良し悪しの重要ポイントと言えばまず硬さと次に臭さでしょう。

では解説していきます。

  1. 硬さ
    適度な硬さはお散歩に出たときにはなにより最も重要なポイントになります。散歩に行って犬が排便をしその場の処理としてそのウンコをつかんだ時のあの絶対に一握りで取ってしまいたい気持ち!、しかし時には軟便で4分の1ぐらい地面側に残ってしまった時のあのバツの悪さ!。思わず誰も見ていないだろうな?と周囲を見回したくもなり後ろめたい気持ちで帰って来るものです。そのようなことの無いウンコが良いウンコです。飼い主に恥をかかせないウンコということです。
  2. 臭さ
    ニオイもフードの原料によって変わりますがニオイの強いものは好ましくありません。特に室内飼いのワンちゃんネコちゃんの飼い主さんに取ってはこのウン コのニオイは重要な問題です。お客様が来ている日などでウンコをしたことが明らかに判るほど強烈なニオイが部屋中に漂うような場合はこれはやはりNGとしたい。当然ニオイは少なくソフトな感じのものが良いでしょう。
    過去においてフードは栄養量が足りていれば良いと言う風潮がありましたが、最近ではニオイの問題にまで気をくばった製品が出回るようになってきています。そのために各メーカーは技術的に苦心しているのです。
  3. 糞切れ
    絶対的に良いウンコ=ウンコは適度な硬さと糞切れです。ウンコをした後にウンコが肛門に残っているとシッポの毛や床にくっついてしまいます。排便の後は スキット終わるウンコがいいですね。もちろん硬すぎてウサギのウンコのようなコロコロウンコはイケマセン。これはツマル話の便秘です。つまり適度な硬さ適度な水分含有量でムニューと出てくる一本ウンコまたは二本ウンコが良いウンコです。
  4. 糞量
    ネコや中小型犬ではあまり重要ではありませんが大型犬では糞量もチョット重要です。あまり大量のウンコではあと始末に困ることもあります。基本的にはウンコの量は食べた量に比例するものですから仕方がありません。

フードメーカーによってはそのためにフラクトオリゴ糖を入れ腸内の乳酸菌が活発に働き良いウンコが出るように配合しています。またニオイを抑えたり吸収させる原料として例えば茸から抽出した天然成分のシャンピニオンエキスなどを配合したフード、国産品で言えばドクターズ・ダイエットなどや食物繊維の質と含有量を吟味して原料配合設計を組んだものがあります。

日頃の私の病院での検便やホテルでの預かり時にはウンこのチェックをします。この子はおうちで日々どんなフードを食べているか?の観察も面白いものです。人と同じものを与えられている子は人と同じようなニオイのウンコをするものです。面白いですよ。

結論は飼い主に恥を欠かせないウンコが良いウンコと言えます。