*

かた21動物病院

人とペットの良好な関係を願う

質問箱

猫の慢性腎不全と言う病気です Q33301

14歳の雄猫〔去勢済み〕です。最近、歳のせいか寝ていることが多くなりました。毛がよく抜け、毛づやも悪く、体重も減ってきているように感じるので病院にいきました。
血液検査を受けたら腎臓が悪くなっている。「慢性腎不全」と言われました。それで、ヒルズのK/Dと言うフードと、黒い粉薬を頂いてきました。しかし、フードはぼそぼそと食べているのですが、黒い粉薬がうまくやれません。食べないのです。
子供が小学校のときからいる猫です。もうダメかも知れませんが長年がんばってきたので、何とか少しでも気分良くすごせる様にしてやりたいと思います。
チャッピーには「痛み」があるのでしょうか? 他にしてあげられる事はありますか? 

福岡市 純粋の雑種猫チャッピーの介護人

14歳ですか、がんばってきたんですね。日本の猫の平均寿命が11~12歳ですので、長生きしているグループに属します。文面からすれば間違いなく「猫の慢性腎不全症」と言う病気です。了解いたしました。下記の順序で回答します。

  • 慢性腎不全症は、どんな病気?
  • どうしたら良いの? 家庭でしてあげられることは?
  1. 慢性腎不全症は、どんな病気?
    腎臓は、体の血液をろ過して、オシッコを作るところです。 その腎臓がだんだん壊れて来て、その機能を十分に果たせなくなることで起こる病気です。 一般的には7-8歳齢ぐらいから多く見受けられますが、10歳を超える猫ちゃんでは5%ぐらい、チャッピーちゃんの様に14~5歳にもなると15%ぐらいの発生率にもなります。年齢とともに増え続けます。本来、オシッコとして血液中の老廃物が、腎臓から排泄されるべきものが、加齢とともに腎臓の機能が低下してきて血液中にたまってくる。同時に体の水分やミネラル調整が難しくなってきて、体に脱水症状が出てきます。
    症状が出て、病院に来て私どもが見つけるタイミングでは、まず、最近水を良く飲む、オシッコに行く回数が増えてきた。毛づやが悪い、食べてる割には痩せてきている。口臭が気になる。このような症状が出てきたら一度血液検査を受けてください。そしてまた、食欲不振、吐き気・下痢、あまり遊ばなくなってきた、寝てばかりいる。元気が無い。ここまできたら点滴を受けなければならない位の末期状況に入ってきたと言えます。
    それと、 大変申しにくいのですが 「この病気は治りません」。 飼い主さんが気付くような症状が出ていると言うことは、既に腎臓の機能の70%以上が壊れています。残念ですが、壊れた部分は戻りません。 病気の進行を遅らせることしかありません。
  2. どうしたれよいの? 家庭でしてやれる事は?
    早くこのことに気付いてあげるには、7歳を過ぎたら一年に一回、血液検査を受けてあげること。10歳を過ぎたら一年に2回ぐらい血液検査を受けて確認することぐらいしか、対応策はありません。常に動物の「慢性腎不全症」は、病気が進行してから見つけられるものです。
お薬
腎臓の機能を楽にするお薬を、病院で頂いてください。 猫にも与え易いお薬も開発されています。
食事
減塩食、リンや蛋白質の制限食「療養処方食」を与えます。「K/d」「腎臓サポート」「腎ケアー」などのフードがあります。
生活環境の改善
オシッコに行きやすいようにトイレの数を増やしたり、トイレの掃除をこまめにしてあげる。給水桶の数を増やす。猫の歩き道に3~4個増やし、いつでもどこでも水が飲めるようにしてあげる。

アドバイス

あなたの動物病院で貰った「黒い粉のお薬」は、経口吸着剤と言う医療用炭素(活性炭)です。理論的には良いのですが実際のところ、猫はなかなか食べてくれません。それで、その「活性炭入りの療養処方食フード」が、このホームページの「かた21動物病院通信販売」で買えます。上記の「腎ケアー」と言うのがそれです。色は黒いが重宝しています。 実際に使ってみておススメできます。
トッピングしてやりたいなら、猫の味覚と水分補給の意味から「K/d パウチ」がおススメです。この病気になりますと、食欲も落ちてきます、やむを得ないことです。もちろんドライの「腎ケアー」だけのほうが良いのですが、どうしても欲しい方には「K/d パウチ」を、勧めています。これも「かた21動物病院通信販売」(現在準備中です)で買えますよ。

それじゃ 介護人さん、チャッピーちゃんの生活の質(QOL)をあげてやってください。 また私のこともよろしくお伝えください。