*

かた21動物病院

人とペットの良好な関係を願う

質問箱

【 地域(チイキ)猫の耳切りは、虐待。(Q&A: 53601)】 53601

【Q&A: 53601】  [地域(チイキ)猫の耳切りは、虐待。]  

 

【Q: 53601】 : 耳が切られているネコがいて、弱っています。 これって「虐待(ぎゃくたい)」じゃないですか? これが「地域猫活動なら、それは間違っていませんか?」 
⇒ 「国際的批判」が出る前に、止めませんか?
福岡市 「保護した猫、私が飼います」 さん

ホームページの「診療室から」の今月の話題で書いた所、賛同や質問を含め意見を頂いたので「教えて先生質問箱」の方に、再設置いたしました。

*間違いに気づく人が増えて「国際的批判が出る前に、中止」出来れば幸いです。

[診察室から] ; 「地域(チイキ)猫」と呼ばれる猫がいて、「虐待」を受けています。(三回シリーズ)

(その1) ; 「地域(チイキ)猫への耳切り」は、虐待行為。
「教えて先生質問箱」を始めます。 下記の順序で構成されています。

1、 虐待を受けた猫を保護しました。 これは、「地域猫」と言う猫です。
2、 「虐待猫の耳切り」と、どう違うのか?
3、 「お前たちのためなんだ!」は、強権支配者の言い分。
4、 野良猫に、「耳切り」実施を推奨している国は、日本以外には無い!
5、 地域猫が「猫への虐待」として「国際的批判」が出る前に、止めませんか?

1、 「耳切り」虐待を受けた猫を保護しました。 これは、「地域猫」と言う猫です。
 [猫を保護した人] ; 「虐待を受けた猫」を、保護しました。 道路の真ん中でうずくまっていた猫を、保護したら耳が切られていました。 ケンカして耳が切れたと言う状況では無さそうです。 先生診てくれますか? という事で来院。

「診察室」; 向かって右の(猫の左)耳の先端が「V字型に、深さ1cmぐらい」の切り取りがありました。 当然かた先生は「これがどういう事か?」を知っています。 「地域猫の不妊手術済」を示す、耳先端の切り取りマークです。 その旨を持ち込んだ「新しい飼い主さん」に、説明をしました。 その方は、それでも納得がいかずに「これは虐待じゃないですかネ?」と、少し憤慨気味の疑問を持っていました。



2、 「虐待猫の耳切り」と、どう違うのか?」
 私も、この事には以前から「違和感」を持っていましたので、「私も猫の耳切り込みは、虐待だと思っています」と伝えました。 もちろん、当院では「耳切り手術」は行っておりません。

 「河原で、耳を切り取られた猫が見つかった」と言う話を、聞いたことがあります。 この事と、どう違うのでしょう?
 問われると「同じ行為です」と答えるしかありません。 実行しているのが、「変質者の愉快犯か? 獣医師か? 」の違いだけです。 獣医師だから「耳切りが許される」と言う物でもありません。 獣医師を含む一部分の「人間の、オゴリ」です。

よく聞く弁解に、「切る時は、麻酔がかかって痛くない」。 これは、まったくの「トンチンカン問答」です。 「耳切り」をとがめているのに、「痛い・痛くない」に問題をすり替えています。 もっとハッキリ言えば「間違いと詭弁」です。 (後述⇒ Q&A(その4)、「地域猫」関連、よく聞く間違い・詭弁]で説明)

 心が「痛み」ます。 これは、その猫に対する「虐待行為」です。 「河原で耳を切り取られた猫がいる」と言う話、その加害者は「当然、ギルティー」と、「地域猫プログラム」に係わる三者も「当然、ギルティー」;
①、 その猫を「飼うつもりもないのに」、その事を「依頼した人」、
②、 この猫に耳切りをした「獣医師」、
③、 その虐待行為を奨励している、「市役所動物愛護管理センター&家庭動物啓発センター」の職員方々、そして「環境省」。
彼らの間には、虐待を繰り返す「河原の変質者」と、何の違いもありません。 当然、その猫達から見れば「当然、ギルティー」です。

3、 「お前たちのためなんだ!」は、強権支配者の言い分。
こう言う人達が共通して使うセリフは、「この子達(お前達)のためなんだ!」。
 どこかの国の「強権支配者」が使う、いつものイヤな言葉「お前たちのためなんだ!」があります。

 猫達が言ってますよ、「何とひどい事をする人間だ。 虐待・虐殺をしておいて「お前たちのためだって! 大きなお世話だ!」って。 一連の行為は「国連決議違反です(その2・3・4、で説明)」。

* ハッキリと言います、[地域(チイキ)猫への耳切りは、虐待です。]
耳に切り込みを入れるほどの目印が必要なら「マイクロチップ」を埋め込んだ方が良い。 もちろん「そのマイクロチップ番号の登録申請者名は、その処置を依頼した人」です。 生涯、「その処置の依頼者の住所・氏名と、その責任を記録しておくために」です。 「実施した獣医師名」は、登録すると自動的に実施獣医師と病院名は記録されます。

 

4、 野良猫に、「耳切り」実施を推奨している国は、日本以外には無い!
「世界ネコ歩き」(岩合光昭:NHK)と言う番組が、テレビで放映していました。 私の見た限り「どこの国での岩合さんの映像記録にも、人工的に耳の切られたネコは出ていません」でした。 ところが、先日の録画放映に「耳切られネコ」が出ていたのです。 ビックリしてシッカリ見ていると、映っていたその映像背景から、「そこが日本だ」と気づきました。 たぶんイヤ間違いなく「日本だけの、虐待行為」です。

人として「恥ずべき行為」と私は思います。 「動物愛護法違反」です。
「生物の多様性を守る」と言う、国連決議(その3)に反しています。
 しかし、「地域猫を推奨」しているのが、動物愛護法を管轄する「市役所(市町村)の動物愛護管理センター」と獣医師会です。 しかも、動物愛護法は、国連の定めた「生物の多様性を管轄する環境省」の管轄です。

 この事は「日本のブラック(ダブルスタンダード;二重行政) ユーモア―」として笑えるほどの、アホな話です。

5、 地域猫が「猫への虐待」として「国際的批判」が出る前に、止めませんか?
 * カラスにも、鳩にも、山の猿や、イノシシにも、蝶にもトンボにも、川のフナにも、メダカにも、その「種(生物としての種)」の一員として、地球上で生存する権利があります。
 ノラ猫には、「猫種の一員として、生存する権利が無い?」のでしょうか?
 NHKテレビで「世界ネコ歩き; 岩谷光昭」を見て、微笑ましく感じた事はありませんか?
 関係者の皆さん「お前達のため!」と言うセリフは、自分が「この地域の支配者だ」という意識。 人間の「オゴリ」です。
 ノラ猫への虐待・虐殺」を、止めませんか? このままでは、「国際的に批判」されますよ。

間違いに気づく人が増えて「国際的批判が出る前に、中止」出来れば幸いです。

*	次回は、 【Q&A: 53602】 (その2): [地域猫の強制不妊去勢手術は、ジェノサイド(集団殺害)。 国連決議違反]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎ 「地域(チイキ)猫」と呼ばれる猫がいて、虐待を受けています。(三回シリーズです。)
1、 【Q&A: 53601】 (その1):  [地域(チイキ)猫の耳切りは、虐待。]
 2、 【Q&A:  53602】 (その2): [地域猫の強制不妊去勢手術は、ジェノサイド(集団殺害)。 国連決議違反。] 
3、 【Q&A: 53603】 (その3): 地域猫活動は、1992年国連決議; [生物の多様性を認める条約]違反。】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・