*

かた21動物病院

人とペットの良好な関係を願う

質問箱

【 もらった猫に早く好かれたい? ⇒ コツがあります。(イギリスの2大学の論文から) (Q&A: 50604-01)】 5060401


[教えて先生質問箱 : (Q&A: 50604-01)]

[ もらった猫に早く好かれたい? ⇒ コツがあります。](イギリスの2大学の論文から) (Q&A: 50604-01)

 

 [Q: 50604-01 もらった猫に、早く好かれたい? ⇒ コツがあります。](イギリスの2大学の論文から。)
 猫を飼っている友人が転勤するので、近じか「その猫」を譲り受けるのです。 もらった猫に早く好かれたいです。 かた先生「猫に早く好かれる、コツってありますか? 」 あったら、教えてください。 かた先生の「教えて先生質問箱」投函です。
福岡市 猫も良いかな~さん

 [A: 50604-01 もらった猫に、早く好かれたい? ⇒ コツがあります。](イギリスの2大学の論文から。)
ハイ、あります。 かた21動物病院は「入院や、ホテル・預かり」もやっておりますので、イギリスの2つの大学での「この種の実験データー」論文を読んでから、私も実際に「病院で実践」しています。 猫とコミュニュケーションを取れて、うまく反応した瞬間「よっしゃ!」と言う感じになります。
しかし欠点もあります。 それは、猫から「友達」と勘違いされて、ショッチュウ「にゃ~にゃ~遊ぼう」と呼ばれるのです。 始めの内は嬉しくて呼ばれるたびに、「呼んだか~?」って猫の部屋まで行って、遊び相手になっていたのですが、あまりにも頻繁に大声で呼ばれるので、「ウルサイ! 友達とちゃうんやで! たまにはワンぐらい言ってみろ!」と怒鳴りつけてやります。 ちょっとビックリして「隠れ箱の裏に隠れます」が、5分もすればまた呼ばれます。 ま~お陰様にて、毎日「飽きずに楽しく」仕事をやっていられますがネ。
ェ! そんな事ええから「早く教えろ」って?

 

ハイハイ、しばらくご無沙汰していました。 「教えて先生質問箱」久々の開始です。
 一般的に、猫ちゃんは犬のようには「人にすぐになつくと言う分けではない」と言われますが、しかし「仲良し」になると、けっこう寂しがり屋さんでベタベタと引っ付きまわるタイプなんです。 それが、猫好きの人にはたまらんようですネ。

さて、「教えて先生質問箱」を始めます。 回答の順序・構成を表示いたします。
この質問は、いわゆる「動物の取り扱いノウ・ハウ」ですので、企業秘密に属します。
オープンにしたくない技術ですので、あなただけで一人静かに読み進めてください。

1、 [ 実験 1 : 猫とコミュニュケーションが取れるのか?実験 ] : 「猫とヒトとのコミュニケーションにおいて、猫が目を細める事の役割」(イギリスの論文から)
2、 [ 実験 2 : 初対面の人が、猫と仲良しタッチできるか?実験 ] : 「いかにして猫の信頼を受け、その手に触れるようになれるか」(イギリスの論文から)
3、 友人の「猫を迎える」準備をしてください。
4、 [猫を飼う心構えとアドバイス] : 友人の「猫を近日中に迎える」あなたに。
5、 [かた21動物病院の「ホテル・預かり猫」へのアプローチ ] : 猫に早く好かれたいあなたへ、ノウ・ハウ公開。(ナイショですよ!)

 猫好きの方たちの中には「猫が自分に向かって、ゆっくりマバタキをしている」事に気付いている方が結構います。 また「猫が自分に向かって、笑っているような表情」を時々見せる事に気づいて、「この猫笑うんですよ。 一体どう言う事なんでしょうネ?」との質問も受けます。 そういう質問には、私はいつも「その通りです。 笑っているです。 親しみを込めてウインクしてるんです」と言ってきました。

 

以下は、その論文の「イイトコ取り」で表示解説いたします。 イギリスのポーツマス大学とサセックス大学での論文「猫とヒトとのコミュニケーションにおいて、猫が目を細める事の役割」と、「いかにして猫の信頼を受け、その手に触れるようになれるか」と言うタイトル表現で、「猫と人との初対面時に、コミュニュケーションを取るための要因と、その確認のための2つの実証実験と結果」です。
私は、この論文を読んで「ア やっぱり!」と、すぐに納得しました。

 しかしながら、マジメくさったイメージのあるイギリスの大学(心理学)で「こんな素敵な事?を、実証実験で確認した」と言う論文は、世界でも「これが初めてだ」とかた先生は思っています。

1、 [ 実験 1 : 猫とコミュニュケーションが取れるのか?実験 ] : 「猫とヒトとのコミュニケーションにおいて、猫が目を細める事の役割」(イギリスの論文から)

「猫と人との対面時に、コミュニュケーションを取るための要因と、その確認のための2つの実証実験と結果」です。
「その猫の飼い主が、猫と目が合った時に自分から「ゆっくりマバタキ」をすると、その猫はマバタキ返しをするか?」
  14軒の異なる家庭で3カ月以上飼われていた猫を、21匹使用して行われました。 実験に参加した人は、それぞれの家庭での猫と飼い主さん達です。
自分の家で自分の猫と同じ部屋に入り、「猫から1mぐらい離れて、猫に向かって座り、猫が自分に目を向けている時に、自分からゆっくりと猫を見てマバタキをする」と言う行為を繰り返す。 また、別の「猫と同じ部屋にしばらく一緒に入っているが、目を合わせないし猫を構おうとしない。」と言う状況を繰り返す。

「実験1の結果」
⓵ 飼い主がネコに向かってゆっくりとマバタキしてみせた場合に、「猫が飼い主に向けて、ゆっくりとマバタキを返してくる可能性が高い」事が解かった。 逆に、「猫と目を合わさず」また、かかわりを持たない時には、「猫からゆっくりとマバタキを返してくる」と言う可能性は、明らかに低かった。 としている。
② 向かい合った猫と目を合わせ、ゆっくりとした動作で、飼い主が猫へマバタキを送り・また猫からマバタキを送り返される事で、猫が飼い主を許容し「猫とコミュニケーション」が取れた」と判断できる。

 

 2、 [ 実験 2 : 猫と初対面の人が、猫と仲良しタッチ実験 ] : 「いかにして猫の信頼を受け、その手に触れるようになれるか」と言う、「猫と人との初対面時に、コミュニュケーションを取るための要因と、その確認のための実証実験と結果」です。(イギリスの論文から)

「猫と初対面の人が、猫にマバタキをして手を差し出したら、その手に猫が触れるか?]
 8軒の異なる家庭で3カ月以上飼われていた24匹の猫と、その猫たちと初対面の人達が実験に協力して、次の2種類の行為実験をしました。
① [前準備] その猫が普段暮らしている部屋に初対面の人が入り、その猫の正面に 1mぐらい離れて座って、「ゆっくりと前かがみになったり・治ったリして、手のひらを上に向けた手を猫に差し出し、数秒間したら手を引っ込める」と言う行為を繰り返す。
② [実験2-1] その後、手を引っ込めた後に「今度は猫と目を合わせながら、ゆっくりとマバタキをしてみせた後に、再び手のひらを上に向けた手を猫に差し出す」行為をゆっくりと繰り返す。
③ [実験2-2] 前準備の後、手を引っ込めた後に「猫と目を合わさないままで、ゆっくりと手のひらを上に向けた手を猫に差し出す」行為を繰り返す。

「実験2の結果と結論」
 ⓵ 猫にゆっくりと「マバタキをしてから手を差し出した方が、ネコは初対面の人でも許容し、その人の差し出した手に興味を示し、その手に触れる可能性が高い」と言う結果が出た。
② 向かい合った猫と目を合わせ、ゆっくりとした動作で、初対面の人が猫へマバタキを送り・また猫からマバタキを送り返された後、手のひらを上に向けて手を差し出す行為は、猫が初対面の人でも許容しやすくなる。
③ これらの方法は、初対面の人でも「猫とコミュニケーション」が取れる方法である。

「考察」
1、 犬だけではなく、猫も人とコミュニュケーションを取る事が出来る。
2、 「猫に対してゆっくりとマバタキしてみせる」と言う行為は、自分の飼い猫とだけではなく、街中の出会った猫(初対面の猫)に対しても、実行可能なコミュニケーション方法と考えられる。

 

3、 友人の「猫を迎える」準備をしてください。
友人の転勤時期にはまだ時間があるのでしょうか?
あなたはその猫を抱っこした経験があるのでしょうか?

[準備するもの] : 先の猫を飼っていた友人にから、飼うための基本的に「必要なグッズは頂ける」と思いますが、一応羅列しておきますのでチェックリストとしてご利用ください。

⓵ フードとフード計量カップ、料理用秤(はかり)とラキサトーン(毛球取り剤)。
  とりあえず、今使っているフードを使用してください。 年齢その他の状況により、また別途ご相談ください。
② 給餌用の皿またはボール(最低4個)。
一つは、フードの食器。 水用の食器は複数(2個以上)必要。
③ 猫トイレ(2個)とトイレリッター(猫砂)。
トイレ数は、頭数プラス 1個。
④ 猫用ケージ・段ボール(猫が入れる大きさ)とヒーターマット&タオル
始めは、絶対必要。
⑤ 小型の「ほう木&ちり取り」、新聞紙。
トイレ周りの、ちょこちょこそうじが必要です。 新聞紙は少し多い目にあった方が便利。
⑥ 猫用ノミ取り剤(マイフリーガードα キャット)。
  あなたが引き取る3日前に付けてもらってください。 その後は毎月1回、塗布する。
⑦ 猫用ヘヤーブラシ(グルーミング用)と金くし。
  金くしはブラシに着いた毛を取るために必要です。
⑧ 首輪とリード(手網)。
  あると便利。
⑨ 粗目の大型洗濯ネット(あらめ・60cm)。
 先に5回ぐらい洗濯機で洗って、柔らかくしてから使用。 移動の時や来た初めに、しばらく入れておきます。 猫が落ち着きます。
⑩ 過去の病歴とワクチン接種歴・ノミ取り剤使用歴。
  あると便利です。

4、 [猫を飼う心構えとアドバイス] : 友人の「猫を近日中に迎える」あなたに。

① 猫のマーキングスプレー被害の防止。
猫は匂いも含めて、初めての部屋に入るとマーキング(尿スプレイ)をするので、猫が来てから「猫もあなたも、なれるまで」の、初めの1カ月間の猫がいる部屋は、ケージが置いてある部屋、一ヶ所を保ってください。
② コミュニケーションを図りましょう。
きた猫が、初めに緊張から「フ~、シャ~、ハ~」と言って、あなたを威嚇する猫でも5日間もすると寂しくなって、ケージの壁にすり寄ってきます。 初めは指を少し入れてジ~ッとしていると向こうから「鼻ツンしたり、身体のスリスリ」をしてきます。 その頻度に合わせて、指先で猫の身体を触ります。 
初めのうちは、10秒間以上はタッチしない様に。 それを短い間隔で頻回くり返してください。 だんだんと猫の方が触ってほしくて、スリスリ頻度をエスカレートしてきます。 その要求と状況に合わせて、からだのあちこち「耳の後ろ・ホホ・あご・顔そして背中や身体」へと触る場所を拡大して行きます。 これは猫の方が進めますので、あなたはそれに従って指先を動かしていれば良いのです。 お腹へのタッチは、一番最後です。
③ 全て猫へのタッチは、「一回のタッチが10秒間を超えない」ようにしてください。 10秒間を超えると、猫が興奮してきて咬むことがあります。
④ 猫が「完全に警戒心をなくすまで」、全ての動作はゆっくりと。
⑤ 早い動きは、猫をびっくりさせます。 
猫から見れば、早い動きは「外敵か、捕食対象動物の動き」として見えて、警戒心・攻撃心が芽生えます。 そのエスカレーションを防ぐために、ゆっくりとした動作を取る必要があるのです。

5、 かた21動物病院の「ホテル・預かり猫」へのアプローチ : 猫に早く好かれたいあなたへ公開。(ナイショですよ!)

上記を読んで、すでに「その方法」については、理解できたと思います。
もちろん、すでにあなたがその子になれていて、「抱っこできる」状況であれば問題はありません。
 しかし、あなたの質問で「猫に早く慣れたい!」と言ってます。 つまり、まだ「抱っこできる状況」ではない関係と推測できます。

初めてのご対面の場合で「フ~、シャ~、ハ~」と、あなたに威嚇を示す猫が大変なのです。 通常の方法では、初日に「フ~、シャ~、ハ~」と威嚇を繰り返す猫では、慣れてくるのに5日間ぐらい必要ですが、

 

猫との「コミュニケーションやスキンシップを取れるまでの時間」を早めるためには、先の「イギリス、ポーツマス大学&サセックス大学での実証実験 1 と 2 」を、実行することをお薦めいたします。
 当院での実験では、ほとんどのケースで 「1.5 日間以内」で目的を達成できました。
以下は、当院で実施している方法を「例外で、あなただけに」ご案内いたします。

かた21動物病院の「ホテル・預かり猫」へのアプローチ : 猫に早く好かれたいあなたへ公開。(ナイショですよ!)

① まず、名前を呼んでゆっくり近づく。 ただし、1mぐらいまでの距離を保つ。
② 猫と目が合ったら、ゆっくりと笑顔でマバタキをする。
③ マバタキ返しがあったら、手のひらを上に向けて両手をゆっくりと前に差し出し、ゆっくりと握ったり開いたりして「猫の名前と、おいでおいで」と声をかける。
④ この動作を3回ほど繰り返し、50㎝ぐらいに近づく。 また3回してケージ前に接近する。
⑤ そのままあなたに興味を示し「猫が接近してくる」のを待つ(許容姿勢を待つ)。
⑥ 許容姿勢(鼻を前に突き出し、ニオイを嗅ぐような姿勢)を感じたら、少し指をケージに入れる。
⑦ 指先に猫が体を触れてきたら、そのままの状態を保つ。
⑧ 身体をしっかりこすりつけてきたら、指を動かしても良い(10秒間以内で終わる)。

 

⑨ 10分間以上の間隔を空けて、その行為が3回出来たら、ドアを開けて触っても良い。 一回の猫を触る行為は10秒間以内を守ってください。 顔鼻あご・肩・背中・腰・尾の順。 お腹を触るのは、尾まで触れて後、一日以上待ってその後です。
⑩ 一カ月間は、一室のみで管理してください。 その間に「食欲・飲水状況。 トイレ状況の癖」の確認をしてください。

はい、これでOKです。 「猫も良いかな」さん、猫も良いですよ!
おわりです。